英国骨董おおはら
大原照子のページ
アンティーク屋のまかない
大原照子の本
陶磁器
銀製品
お知らせ
営業時間・定休日など
ご購入について
地図
トップページにもどる

 

 

 

 

 

 

 

 
野菜の揚げ焼き丼とポテトサラダ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『野菜の揚げ焼き丼』

  「揚げ焼き」とは、フライパンの底から8ミリの高さまで油を入れ、材料を落として焼くこと。炒め物より多めの油。それで充分に揚げ物の感じが出るから不思議。油の後始末も楽。
 サイドディッシュは、「
胡瓜のからしマヨネーズ和え」と「すき焼き麩の味噌汁」です。


器:
皿:1830年 Spode, Shell dish 
小皿:1850年 Pickles dish

(4人分)

卵       1個 わりほぐして

合計1カップにする
水   

小麦粉       1カップ

塩       少々

 
にんじん 小さめ 1本(150g)

玉ねぎ 中 1個(230g)

 
しょうが 1かけ
ご飯 4杯分
 
市販のめんつゆ、酒、しょうゆ

 


1 にんじんは細めのせんろっぽん、玉ねぎは5ミリ幅のくし型切り。
2 ボウルに卵水を入れ、小麦粉を加え、菜ばしでさっくり混ぜる。
3 にんじんと玉ねぎを加え、混ぜる。

4

フライパンに油を入れて、中温にする。Bを少しずつ落とし、広げて、かき揚げ風にする。

 

5

丼つゆ

小鍋にめんつゆ1/2カップ、水1/2カップ、酒大さじ3杯を入れて、ひと煮立て。

6 丼にご飯を盛り、揚げ焼きをたっぷりのせる。
丼つゆは別器に入れてだし、各自食卓でいただく。  しょうがは針しょうがとして、しょうゆをパラリと振り、添える。
   

 


『ポテトサラダ』

なーんにもない!

 

 毎日バタバタと忙しい暮らしをしているので、まかないランチの食材を買いに行く時間がない、なんてことはしょっちゅうある。


 そんな時、野菜カゴや冷蔵庫をガサガサと探す。「あり合わせの材料で」というのは毎度のことで、私たちの得意とするところ。

 
  それでも、おいしく、しゃれた一皿が出来上がるから不思議。このポテトサラダ、皆さんのキッチンにも転がっている材料ばかりです。

 
焼きたてのパンを買いに、近くのパン屋へひとっ走り。

デザートは、フリーザーの中でカチカチになっていた手作りフルーツケーキに、シェリー酒をかけてチンをした。


  これでけっこう、気のきいたランチとなりました。





器:

細かいカットが美しい、 ヴィクトリア時代のガラスのサラダボウル。  横幅:25cm



         (4人分

じゃがいも 5−6個

にんじん  小さめ 1/2本(120g)

きゅうり 1本

玉ねぎ 小1/3個

塩、胡椒、マヨネーズ、りんご酢


 
じゃがいもは皮をむき、大き目の乱切り。鍋に入れ、ひたひたの水を加えて火にかける。茹で過ぎに注意。
茹で汁を切り、鍋に戻し弱火にかけ、鍋をゆすりながら水分を飛ばし、こふき芋状態にする。塩と胡椒をパラリ。木しゃもじで粗くつぶす。つぶし過ぎないように。2cm角のごろごろ状態。
にんじんは皮をむいて3ミリ幅のイチョウ切り。茹でて水気を切る。

きゅうりは所々皮をむき、小口切りにして、塩小さじ1/4を振り、軽く揉んで水気を絞る。

玉ねぎは布巾に包み、さらして水気を絞る。
大き目のボウルにマヨネーズ大さじ4杯、りんご酢小さじ2杯、さらし玉ねぎ、きゅうり、にんじん、塩、コショウを加えて、よく混ぜる。
じゃがいもを加え、さっくりと混ぜる。